ゲームの構成

ゲームは次の2つのステージからなっています。

まず皆さんは、ラットレースからスタートし、ある条件を満たすとファーストトラックへ移動します。簡単に言ってしまえば、ラットレースは貧乏人の世界、ファーストトラックは金持ちの世界ですね。

ラットレース

ラットレース

不労所得の額が、支出を下回っているうちは、このラットレースをし続けることになります。

ラットレースは、給与をもらって生活している、一般のサラリーマンの世界だと言えますね。

給与所得者の大半が、このラットレースのみで一生を終えることになるんですね(涙)

ラットレースから抜け出すには、不労所得が支出を上回らないといけないのですが、そのためにはどのような行動をとるのが得策なのかを、あなたプレーヤー自身で考えることが、ゲームの上達はもちろん、実生活において金持ちの仲間入りをする秘訣となるんですよ!!

ラットレースのゴール

ラットレースでのゴールは、不労所得が支出を上回ることです。

これは、給与所得がなくなったとしても、生活できるようになったということですね。

ラットレースを抜けると、金持ちの世界であるファーストトラックへ移動し、今度はファーストトラックのゴールを目指すことになります。

ファーストトラック

ファーストトラックは、いわゆる金持ちの世界です。

不労所得が支出を上回り、いわゆる「ラットレース」を抜け出すと、今度はファーストトラックでより大きな投資をしたり、自分の夢が実現できるようになります。

ファーストトラックのゴール

ファーストトラックでのゴールは、不労所得をさらに$50,000以上増やすか、自分の夢を購入することです。

ラットレースの進め方

ここでは、ラットレースの進め方を具体的に説明します  

サイコロを投げる順序

さいころの投球は、ゲーム開始時に決まった、「一番最初に投げる人」から時計回りに行います。

ちなみに「一番最初に投げる人」は、ジャンケンで決め手も結構ですし、レディーファーストでもOKですよ。

コマの説明

ネズミがコマで、初めにファーストトラックでの自分の夢を選んで、チーズを置きます。

コマの前進

さいころの目の分だけコマを進めます。

2つ振ったときはその合計分コマを進めます。

止まったマスの種類に応じたイベントが発生します。

支給日(Pay Check)のマスを通過した場合には、通過したマスの回数分だけの現金(収入−支出=毎月のキャッシュフロー)を受け取ります。

ただし、給料日は、自己申告制となっていますので、申告を忘れないようにしましょう。

申告し忘れると給料はもらえません(汗)

慈善活動(Charity)に止まり慈善活動を行った場合は、以降の3回は2つ振ることができます。(1つだけ振っても構いません)

 

イベント

イベントは全部で七種類あります。 「投資機会」、「市場」、「無駄使い」に止まった場合は、 それぞれの種類に応じたカードを一枚引いてその内容に従います。 それ以外はマスの種類に応じたイベントを実行します。
イベント 備考
投資機会 Opportunity

大きな取引:Big Deal (ハイリスク&ハイリターン)または、小さな取引:Small Deal のいずれか好きな方のカードを一枚引きます。

Big Dealは、基本的に持ち金が、$5,000以上になれば引くことができます。

市場 Market 市場(Market) のカードを一枚引きます。
(不動産物件の買い手が現れたりします。)
慈善活動 Charity 慈善活動をします。
(するしないは自由ですが、するとサイコロを3回だけ2個振ることができます。)
支給日 Pay Check キャッシュフロー(収入−支出)の分だけ現金を受け取ります。
無駄使い Doodad 無駄使いDoodad()のカードを一枚引きます。
(メガネを買ったりします)
解雇 Downsized この後、2回休みとなります。
ただし、他のプレーヤーが引いた、「小額取引」、「高額取引」、市場」の中には解雇中でも参加できるものもあります。
赤ちゃん Baby 支払欄に子供の養育費を加算します。

不労所得

マンションを建てて家賃収入を得たり、会社を起こして利益をあげたりしたりして、あくせく給料をもらうために働かなくても、勝手に所得が入ってくることです。

ローンの借り入れと返済

資金繰りに困った場合は、銀行からお金を借りることができます。

また、資金に余裕ができた場合は、ローンを返済することができます。

ただ、銀行ローンは借入金の10%です・・・・

その他

カードを引いた本人以外のプレーヤーも参加可能なイベントがありますので、自分の番以外でもアンテナを張っておきましょう!!

聞きそびれると、後悔することになりますよ。